プロジェクトマネージャー試験に合格するための心構え

プロジェクトマネージャー試験に合格するためには、なぜ試験に合格したいのか、試験に合格したい目的を明確にし忘れないことです。

プロジェクトマネージャー試験はかなり難しい試験です。そのため、勉強をしている途中で心が折れて諦めてしまうことも多々あります。

皆様も何かを始めようと思っても途中でやめてしまったことがあるのではないでしょうか。私も何度も英語の勉強を頑張るぞ!、っと思っても途中でやめてしまいました。何回繰り返したか分かりません・・・。

今回の記事では私が途中であきらめずに最後まで勉強できた心得を紹介したいと思います。

なぜ目的を明確にする必要があるのか

漠然とやろう!、っと思っても長く続きません。例えば、英語を勉強して話せるようになりたい、ダイエットをして痩せたい、っと思って活動を開始しても私の場合は全く続きませんでした。

やはり、通常の生活では英語は使わないしダイエットしなくても何の問題もありません。

プロジェクトマネージャー試験も同じで特に絶対に合格しないと職を失うわけでもなく持っていなくても困りません。

実際に試験に合格した私よりも試験を受けたことすらない人のほうがマネージメント能力が優れていることも多いです。

実際に仕事をしていると試験勉強ではなく、その人の仕事ぶりを見て学んだほうが良いのではないかと思ってしまうこともありました。

そんな考えが巡りますから、まあ受けなくていいか、と考えてしまいます。それに勉強しても簡単に受けるものではありません。

勉強しているよりも遊んでいたほうが楽しいですし寝ていたいです。人間楽な方を選択してしまいますから。

そのため、合格したいな~、くらいの気持ちではまず勉強もはかどらないと思いますし合格も難しいのではないでしょうか。

だからこそ、合格した上で自分は何をしたいのか、どのようになりたいのか、を思い描くことが重要だと考えます。そして、それを紙に書いたりWordに書いて保存したりしておくことが良いと思います。

もし、心が折れそうになったらその紙を見て勉強を開始時の気持ちを思い出すことができます。初心に帰ることができますね。

そうか俺はこういう志でプロジェクトマネージャー試験に合格しようと思ったんだな!、まだまだ頑張ろう、っと思えるのではないでしょうか。

私が合格を目指した目的

私がプロジェクトマネージャー試験の合格を目指したのは、知識を得て実際の仕事に生かしたい、ということもありましたが本音は次の2つです。

  1. 自分の経歴に箔が付き転職に有利だと考えたから
  2. 自分の能力を第三者から認めてもらうことで望まない人事異動が防げると考えたから

特に②の方が強いかもしれません。私の会社では様々な経験をさせることで、社員の能力の向上を図っていくことになっています。

これはある意味では正しいと考えています。ずっと同じことをやっていたら考えが凝り固まってしまい新しいイノベーションなどが生まれにくくなると思います。

ただ、私としては好きな仕事の専門家になりたいと考えています。そのため、今までと同じことを繰り返し考えが凝り固まるようなことがないようにしているつもりです。

それに基本的には部下の意見を尊重するようにしています。私自身の意見を押し付けてしまっては結局、自分にも成長がないと考えています。

そのため、なるべくだったら今の仕事かその延長の仕事がしたいと考え変な人事異動にならないように自分は今の仕事をするうえで必要な人材なんだ、というのを上層部の人間にも理解してもらいたかったです。

そのためには、自分は必要な人間なんです!、能力もあります!、っと自分で言うだけよりもプロジェクトマネージャー試験に合格し自分は第三者(この場合、国)に能力を認められました、と言えるほうが説得力があると考えた次第です。

そのため、途中で勉強やだな、っと思ってもここで折れたら変な人事異動が待っている!、っと自分に危機感を持たせ頑張って勉強できた、っと思います。

①の方はもし、人事異動で自分の好きな仕事が今の会社ではできなくなってしまった、っと判断したら好きな仕事のできる会社への転職もできるかな、っと考えました。

今の会社には不満は全くありません。人にも恵まれていますし好きな仕事も出来ていますから。

なので、転職なんて本当はしたくありませんが異動によって仕事と人が奪われてしまったらそれは転職も視野に入れなければ、っと考えました。

簡単に転職ができると思っていません。だからこそ、資格というものは少なくとも持っていて損はないかな、と思います。

最後に

2019年の春試験まであと3か月ほどです。合格を目指している方も、まずは何でプロジェクトマネージャー試験に合格したいのか考えてみてはいかがでしょうか。

合格まではかなりの勉強時間を必要とします。「時は金なり」という言葉もあります。

時間は無限ではなく有限です。自分のこれからの人生に本当にプロジェクトマネージャー試験の合格が必要なのか考えてみてください。

もし、必要と思ったら自分が必要と思う理由をノートに書き留め、くじけそうになったらそのノートを見返してください。

そうすることで、最後まで諦めずに勉強できるのではないでしょうか。最後にこの名言で締めたいと思います。

あきらめたらそこで試合終了ですよ

関連記事

この記事では、IPA(情報処理推進機構)が主催するプロジェクトマネージャー試験(PM)に私が1回で合格した時の勉強方法についてお伝えします。 プロジェクトマネージャー試験はIPAが主催する試験でも高度な試験です。H29年の実績でも合格[…]

最新情報をチェックしよう!