社会人の勉強時間を確保する方法【朝活】

普段仕事をしているとなかなか勉強の時間をとれないですよね。

私も普段は仕事をして家に帰ると風呂に入ってご飯を食べて寝てしまいます。他にやることと言えば、youtubeで動画を見たりスマホゲームをしたりするくらいでしょうか。

仕事はストレスが溜まるものです。家に帰ってまで勉強なんてやろうと思ってもなかなかやれないことが多いのではないのでしょうか。

そのため、資格の取得を目指したりする場合には普段の生活の中でいかに勉強の時間を作ることが大切です。

私の場合は、どのようにしているか。今回の記事では私が勉強の時間をどのように作っているかをお伝えしたいと思います。

通勤時間を有効活用

私の場合、会社に出勤するために1時間程度は電車に乗ります。往復で2時間ですね。

この時間を有効に活用しない手はありません。

仕事が終わって家に帰ってから2時間も勉強しようと思ったらまずできないでしょう。よほど意思の強い方なら別ですが、やはり家に帰ると様々な誘惑があります。

テレビがあったり自由に使えるパソコンがあったりゲームがあったり漫画があったり、はたまた直ぐに寝れるベッドがあったりと家に帰ってしまうとやりたいことの選択肢がたくさんあって勉強の優先順位は下がってしまいます。

私の場合もこの例にたがわず、家に帰って風呂に入ってご飯を食べてyoutubeを見て寝る、ということになっていました。プロジェクトマネージャー試験に合格する!、という目標があったのですが意思が弱かったです。

そのため、私が意識したのは通勤の電車の中で勉強をする、ということでした。私の場合は電車に乗ると決まってやることは、趣味の投資ブログを読む、スマホゲームのスタミナを消費する、yahooニュースを読むです。

ただ、これらのことは15分程度で終わってしまうので、残り時間を勉強時間にあてました。そうすると、短く見積もっても行きと帰りの電車で毎日90分程度は勉強が可能です。

ただし、電車で勉強するには注意することがあります。それは、混んでいる電車内で参考書を広げているとかなり冷たい視線が向けられます。

先日の満員電車の中で本を読んでいた人が別の乗客と口論になっていました。当然、満員電車の中で本を広げていたら邪魔にはなってしまうかもしれません。

そのため、勉強をするならスマホを活用するとよいと思います。実際に電車の中の勉強はスマホで行っていました

当然、満員電車の中では周りに配慮していました。あまりにも混んでいる場合はさすがにスマホでも取り出すことはできません。

ただ、分厚い参考書を広げるよりはましだと思います。会社に持っていくのもかなり重いですし。

それでは、スマホで勉強するにはどうすれば良いのか。私の受験したIPA主催のプロジェクトマネージャー試験の場合は以下の通りにしていました。

  1. 過去問の解説サイトで過去問を解いたり解説を読んだりする
  2. IPAのホームページで過去問題を読む

私の場合、国が主催している試験なだけに過去問題を掲載していますのでそれを読んで答えを考えるだけでも勉強になります。他にも参考書をamazonなどで参考書の電子書籍を購入するのも手です。

それをスマホで読めるようにしておけば、スマホを片手に勉強することができます。可能であればスマホで勉強できる教材は用意しておきましょう。

電車の中は寝たいよ、と思う方も多いと思いますが仕事から家に帰ってから勉強の時間を取ろうと思ってもなかなか時間を作れるものではありませんので通勤時間を有効に活用してはいかがでしょうか。

通勤時間を有効に活用する。勉強の手段としてはスマホに勉強できる教材を用意しておきそれを活用する。ただし、電車内やバス内の周囲の状況は把握しておき迷惑がかかりそうなら勉強はあきらめる。

朝起きる時間を1時間早める

通勤時間が短いしな、と思う方は起きる時間を1時間程度早めて勉強をするというのもよいです。

私もその昔かなりストイックなことをやっていました。

AM5:30 起床(10分程度ボーっとする)

AM5:40 筋トレ(20分程度)

AM6:00 勉強(60分程度)

AM7:00 朝食

筋トレはなかなか良かったですね。体も鍛えられてそのあとの勉強もかなり集中してできました。

小学生の頃は学校で毎朝ランニングをしていました。はやり勉強前には少し体を動かした方が集中して勉強できるんだなと思います。

朝が弱い方や夜型の方には1時間も早く起きるのは困難かもしれませんが、慣れれば人間できるものです。最初はつらいかもしれませんが、ここは資格試験に受かる、などの目的を達成させるためにも頑張ってください。

いきなり1時間も早く起きれないかもしれませんので10分早く起きるなどの訓練をしていけばそのうちにできるようになると思います。

ただ、これも注意することがあります。独身の方は問題がないと思いますが、もし結婚をして奥さまや子供がいる場合は朝から何か行動をしていると気持ちよく寝ているところを起こしてしまうことがあります

誰もがそうだと思いますが、気持ちよく寝ているところを起こされれば機嫌が悪くなってしまいます。いくら勉強のためとはいえ怒られてしまうかもしれません。

ちゃんと事前に朝から勉強するためにはどうやってやるか奥さまなどに相談したほうがよいです。私も事前に相談をして寝る場所を変えるなどをしてなるべく迷惑をかけないように妻には話をしていました。

1時間程度早く起きてその時間で勉強をする。ただし、同居の人に迷惑をかける(気持ちよく寝ているところを起こすなど)可能性があるので迷惑がかからないような対策はしておこう。

まとめ

社会人になるとなかなか勉強をする時間を作ることは難しいです。ただ、朝の時間を有効に使うことによって勉強時間を確保することができます。

ただ、朝ははやり寝ていたいものです。ただ勉強するのは何か目的があるはずです。その目的を達成させるためにも朝の時間を有効に活用してはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!