PMの論述試験対策の文房具

この記事では私がプロジェクトマネージャー試験を受けた時に使った文房具を紹介します。

えっ、文房具??と思われるかもしれませんが、プロジェクトマネージャー試験を始め論述試験がある場合は文房具選びがかなり重要です。

なぜ重要なのか、なぜそう考えたのかをお伝えしていきます。

実際に持ち込んだ文房具

次に実際に私がプロジェクトマネージャー試験当日に持って行ったものです。

 

  1. シャーペン
  2. シャーペンの芯
  3. 鉛筆2本
  4. 消しゴム
  5. ノック式消しゴム
  6. 鉛筆削り
  7. 定規
  8. 置時計

時計が置き時計になっているのは、腕時計が「アップルウォッチ」のため持ち込めずに普段から使っている目覚まし時計を持っていきました。最初は大丈夫かな、と不安でしたが置き時計はNG!と書いてあるわけでもないので持っていきました。特に何も言われなかったので置き時計でも大丈夫です。

特に目新しいものがないように見えますが、重要なのはシャーペンです。

役に立った文房具(クルトガ)

私が持ち込んだ中で一番役に立ったのがシャーペンです。私が持ち込んだシャーペンの特徴は、芯が回って先が尖った状態を維持してくれるというものです。「クルトガ(KURU TOGA)」というシャーペンです。

プロジェクトマネージャー試験では、午後Ⅱ試験で論文を書かなくてはなりません。それも、2時間という短時間で2,000文字以上も書く必要があります。

そんなに大量の文字を書くと、書いている途中でシャーペンや鉛筆の芯の先が丸くなってしまいますよね。そうすると文字が太くなり細かい字を書こうとすると文字が潰れて読みづらくなってしまいます。

そのため、読みやすい字を書こうとするとその都度、鉛筆を削ったりシャーペンの尖った部分で書いたりとしなくてはなりません。そうすると、一度、論文を書くのをやめ潰れそうな文字を消して修正したり鉛筆を削ったりと貴重な時間を論文を書く以外の作業に使ってしまうことになります。

それに、せっかく気持ちよく書いていたところに水をさされた感じになりストレスもたまります。1文字消そうと思ったところに別の文字を消してしまってイライラなんてこともあります。

そんな余計な心配をしなくて済むのがこのシャーペンです。芯の先が常に尖っていてくれれば、文字が潰れる心配もありません。論文を書くのに集中できます。

実際の試験でもこのシャーペンを使って最後まで同じ太さくらいの字で書くことができました。そのため、文字が潰れることで消して書き直すということは、ほとんど行わずに論文を書くことに集中して書けました。

あまり使わなかった文房具

ノック式消しゴムは当初かなりの期待をして買いました。

原稿用紙などの小さいマス目でも1文字単位で消すことができる!これで消したくない文字を消さずに済む!!
結果、試験当日はどうだったか。時間があまりない中、一文字ずつ消して書き直すということをしている余裕はなかったです。
というよりも、1文字を消して書き直す、という行為をほぼしません。修正する場合は、1文を書き直すので一気に消せる普通の消しゴムのほうが役に立ちました。
定規については、毎回、必ず持っていくのですが使ったためしがありません。何に使うのか毎回疑問です。

自分に合った文房具を選んで使う

論述試験を突破するには、文房具選びも重要です。文房具店に行って自分の使いやすいシャーペンや消しゴムといった文房具を選ぶのも楽しいですよ。

今回、私の役に立った文房具の筆頭は芯の先が自動で尖る機能を携えたシャーペンでした。ですが、人によっては筆圧が強いためよくシャーペンや鉛筆の芯が折れる、という悩みを抱えている人は芯の折れにくいシャーペンも売っています。

自分にあった文房具がよくわからない、という人は午後Ⅱ試験の論述問題を実際に解いてみるといいです。実際に書いてみると、芯が折れる、文字が潰れる、シャーペンが重い、などの不満が出てくると思います。

そうしたときに、その不満を解消してくれる文房具を探して購入すればよいと思います。

自分にあった文房具が見つかったら普段からその文房具を使用するとよいです。私もプロジェクトマネージャーの試験を受けると決めた後は、仕事ではフリクションを使っていたのですが試験で使うシャーペンを使うようにしていました。

使い慣れたシャーペンのほうが試験当日も違和感なく使えると考えたからです。それに、もし使っていて不満が出てきたら別なシャーペンに変えるなどの対策も打てますしね。

最後に

いかがでしたでしょうか。プロジェクトマネージャー試験の最難関である論述試験を突破するには、少ない時間を有効に使うために意外と文房具選びも重要です。もちろん対策の勉強のほうが重要ですが。

これらか、プロジェクトマネージャー試験を受けようと考えている人は気分転換にもなりますし自分に合った文房具選びをしてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!