リスク管理の大切さ

  • 2019年1月4日
  • 2019年1月4日
  • 趣味
  • 46view

先日の為替相場の変動は驚きでしたね。

年明け前は1ドル110円くらいだったのにいきなり1月3日に1ドル104円くらいまで円高が進みました。う~ん、こんなの予想できませんね。

とりあえずFXなどをやっていなくて良かった、っと思いました。レバレッジをかけて運用していたと思うと本当に怖いですね。

この為替相場の急変動で思ったのはリスク管理は大事だな~、ということです。もし、リスクを意識せずに自分の許容を超えたレバレッジをかけたFXの運用を行ったいた場合、今回の為替相場の急変で何百万、何千万円という損失を出してしまったかもしれません。

リスク管理のやり方

私が以前受験したプロジェクトマネージャー試験にも、リスク管理(リスク・マネジメント)の問題が出題されます。正確に書くとリスク・マネジメント計画を立ててリスクを特定して、・・・、と長くなるので以下に簡単に手順をまとめてみました。

※試験を受ける方は、参考書などを使って正確にリスクマネジメントのプロセスを覚えてください。

  1. 考えうるリスクをピックアップする
  2. リスクが発生したときの影響の大きさを設定する
  3. 影響が大きいリスクからどのように対応するか決定する

こう見ると簡単そうに見えますね。とにかく思いついたリスクに対して、それをどのように対処するかを考えればよいのです。

これをやることで、自分自身のリスクの範囲も知ることができますし実際にリスクが発生したときにも冷静に対処できると思います。

例えば、資産運用におけるリスクを考えてみましょう。以下の例はその人の保有資産や生活環境などによって変わると思いますからあくまで私にとっての資産運用におけるリスクの一例です。

No. リスク 影響度
大/中/小
対処方法
1 生活が困難になる損失を出すこと ・借金をしない
・レバレッジをかけない
・節約をして余裕資金のみで運用を行う
2 資産運用が通常の生活に影響が出ること ・管理が必要な実物資産を持たない
・やめやすい資産運用を行う

簡単に解説します。No.1はとにかく借金をしない、自分たちの生活費を削ったりせずに余裕資金のみで資産運用をします。

特に資産運用を仕事にしているわけではなくあくまで趣味の一環としてやっています。趣味で生活を破綻させては元も子もありません。

No.2はあくまで趣味の範囲で実施するので、誰かと連絡を取り合ったりとか書類を書いたりとか面倒くさいことはしたくありません。もともと面倒くさがり屋なのでw

他にもありますが、メインどころで管理しているリスクになります。特にこの2つは忘れないように心がけています。

これらのリスクからレバレッジが必要なFX、管理が大変と思われるマンション経営は資産運用の対象として外れます。仮想通貨は・・・あまり投資とは思っていないのでそもそも対象外ですね。

最終的に行きついたのは、現在も運用をしているアメリカ株式への投資でした。アメリカ株式への投資のリスクもあり管理していますが、それはまた別の機会に記載したいと思います。

まとめ

リスク管理は、資産運用だけでなく普段の生活や仕事でも必ず意識していかなくてはいけないものです。

2019年になり新しい目標やチャレンジしたいことも出てくると思います。その時に、一度振り返って何かリスクはないか考えてみることをお勧めします。

人によっては、そんなことをやっているよりとにかくチャレンジだ!、っと考えるかもしれません。ただ、無鉄砲にチャレンジ!、ということを行うよりもリスクを管理ししっかりとした計画を立てることが大切なのだと私は思います。

その昔、某企業の「チャレンジ」なんてこともありましたしね。

最新情報をチェックしよう!