【受取配当金】2019年2月の配当金(ベライゾン、アップル、アッヴィ)

2019年2月に受け取った配当金は以下の通りです。

銘柄 ティッカー 配当金
(税引後)
ベライゾン VZ ¥3,623
アップル AAPL ¥2,886
アッヴィ ABBV ¥3,529
合計 ¥10,038

なお、税金などは以下の通りです。

銘柄 ティッカー 外国源泉徴収 税金
ベライゾン VZ ¥454 ¥475
アップル AAPL ¥360 ¥366
アッヴィ ABBV ¥491 ¥898
合計 ¥1,305 ¥1,739

ベライゾン(VZ)、アップル(AAPL)、アッヴィ(ABBV)はアメリカ株なので外国源泉徴収ということで10%の税金を払うことになります。また、国内でも税金がとられます。

こうやってみると、3,044円も税金を払っているんですね。なお、税金にバラつきがあるのはNISA口座の関係です。

配当金をもらえるのが楽しみ

税引き後の配当金を記載しています。税引き後でようやく月に10,000円を超える配当金を受領できるようになりました。

何も働かずに10,000円ももらえるのはうれしいですね。もちろん、投資家としての固有のリスクはありますが。

リスクとは、会社が潰れて株がただの紙切れになる、減配や無配にされる、株が暴落する、などです。そのため、私をはじめとした投資家はこのようなリスクが現実にならないために企業の分析や銘柄の入替、資産運用方法の検討などを日々行います。

そう考えると、ただ楽をして利益を得ているわけではないですね。一応、私もない頭でいろいろ考えています。

ただ、そうやって自身で学び考えた結果、順調に配当金を毎月もらえ増配してもらい、さらに株価が向上して持っている金融資産がどんどん上がっていくと本当にうれしいですね。

今後も、引き続き株式を買い増ししていき、毎月の配当金が多くなるようにしていきたいですね。

株式をはじめとした資産運用を行うときにはリスク管理が大切です。以下は私の考えているリスク管理です。

関連記事

先日の為替相場の変動は驚きでしたね。 年明け前は1ドル110円くらいだったのにいきなり1月3日に1ドル104円くらいまで円高が進みました。う~ん、こんなの予想できませんね。 とりあえずFXなどをやっていなくて良かった、っと思いま[…]

最新情報をチェックしよう!