30代サラリーマンの株式投資 保有企業と収支を紹介!儲かっているのか??(2019年5月末時点)

個別にETFなどの紹介記事を書かせていただいていますが、私の保有する企業をと現在の収支を紹介します。

さて儲かっているのでしょうかw

保有企業の一覧

私の保有企業とポートフォリオの構成割合です。

銘柄 ティッカー 資産評価額
(日本円)
構成割合
ジョンソン&ジョンソン JNJ ¥908,691 15.8%
アップル AAPL ¥852,889 14.8%
ユニリーバ UL ¥659,412 11.4%
バンガードS&P500 ETF VOO ¥574,890 10.0%
アルトリアグループ MO ¥499,256 8.7%
ビザ V ¥454,105 7.9%
コカ・コーラ KO ¥425,505 7.4%
ベライゾン VZ ¥411,875 7.1%
アッヴィ ABBV ¥348,794 6.0%
エクソンモービル XOM ¥275,816 4.8%
ロイヤルダッチシェル RDS.B ¥204,157 3.5%
バンガード高配当 ETF VYM ¥151,890 2.6%
合計 ¥5,767,280 100.0%

斜め文字になっている銘柄は紹介記事へのリンクを貼っています。

はい、アメリカを筆頭に海外株式ばかりです。

太文字の青網掛けにしている企業は、積極的に買い増しをしていきたい企業です。

特にビザはもう少し構成割合を増やして10%以上にさせたいところです。ただ、好調過ぎてあまり買えないですね。

太文字の赤網掛けにしている企業は、配当がよく買い増しをしたい企業又は好きな企業(ユニリーバ)になります。

アルトリアグループは、購入したタイミングからかなり値を下げていますねorz

なお、2019年は通常月はETFを買い増しを行い、ボーナス月に個別企業を購入しようと考えています。

気になる収支は

さて、サラリーマンである私が副業で株式投資を行っている結果はどうでしょうか??

今のところ何とかプラスの収支になっています。ただ、ここ最近はアメリカと中国の貿易摩擦状態でかなり日々の変動があります。

特に資産がすべてアメリカドルで保有しているので、円高になったらマイナス収支になりかねません。

まあ、そうなったら買い増しのチャンスだ!、っと自分自身に言い聞かせるしかありませんが・・・。

一応、保有する銘柄を見ていただければ分かりますが、すべて優良企業だと思います。日本でもGoogle先生に聞けばすぐにでも調べられるような企業です。

そのため、景気が悪化して株価が下がっても配当は忘れずに出してくれるのでは、っと考えております。リーマンショック時でも増配してくれた企業(JNJやKOなど)もありますし大丈夫ですよね。

また、ETFもバフェット先生もお勧めしている低コストのS&P500指数に連動しているものや高配当で構成されている企業も有名企業が多いです。

引き続き売却などはせずに継続保有で進めていこうと考えています。

最後に

現在、なかなか経済がきな臭い状態になっていますが、30代サラリーマンでも、誰もが知っているような安定した企業やETFを利用することでプラスの収支を保っています。

追加で新しいETFを購入したいな~、っと考えていたりします。

ただ、株に限らず投資はリスクがつきまといます。自身のリスクはどこまで大丈夫なのかをしっかりと考えたうえで投資は行ったほうが良いです。

私は、すぐにお金持ちになる!、という考えは捨てたほうが良いかと考えています。それは、すぐにお金持ちになれるということは、すぐにお金が無くなる、ということにもなりかねないのですから。

以下、参考記事です。

リスク管理について私が考えている内容です。

関連記事

先日の為替相場の変動は驚きでしたね。 年明け前は1ドル110円くらいだったのにいきなり1月3日に1ドル104円くらいまで円高が進みました。う~ん、こんなの予想できませんね。 とりあえずFXなどをやっていなくて良かった、っと思いま[…]

最新情報をチェックしよう!