埼玉の古民家カフェ「枇杏(びあん)」に行ってきた 雰囲気の良い落ち着いたカフェ

  • 2019年6月24日
  • 2019年6月24日
  • 趣味
  • 6view

埼玉県にある古民家カフェ「枇杏」に行ってきました。読み方は枇杏(びあん)と読みます。

ランチをいただきましたが、料理もおいしく古民家カフェという名前の通り、雰囲気もすごく良かったです。

今回の記事では、枇杏(びあん)に行った時の感想や行くにあたっての注意点をお知らせしたいと思います。

枇杏(びあん)の基本情報

埼玉県にある古民家カフェです。

住所:埼玉県比企郡ときがわ町番匠640-1

最寄り駅:明覚駅(JR 八高線)


私は車で行きましたが、JRの八高線から歩いていくこともできます。ただ、あまり目印がないので分かりにくいかもしれません。

また、駐車場も結構、分かりにくいです。看板の前やカフェの入り口の手前に止めることができます。

白の車や赤の車が止まっているところに止めることができます。なお、そこそこ車通りのある道なので駐車しにくいですし、見通しもあまり良くなく出にくいのが難点です・・・。


特にカフェの向かいに駐車場があるのですが、それは少し先の歯医者?の駐車場ですので気を付けてください。

ここは「枇杏」の駐車場ではありません。

早速入ってみると雰囲気の良いカフェ!

早速入ってみると、古民家カフェという名にふさわしい雰囲気があります。

入り口です。

入り口から入ったところです。昔の玄関のような感じです。

 

12:00少し前についたのですが、看板にすでに「満席」の文字が!!人気のある古民家カフェです。

そのため、行こう!、っと思ったら必ず予約をすることをお勧めします。
私は事前に予約をしていたので、すぐに入れましたが予約をしていないとその場で待つことになります。
周囲に何か時間をつぶせる施設などあれば良いのですが、基本的には何もありません。そのため、待つのをあきらめた人が帰る姿も見ました。
もともと座席数も少ないですし、古民家カフェは雰囲気を楽しむものでもあると思いますので、回転率も高くありません。

せっかく来たのに何もせずに帰ることになってしまいますので、特にランチを楽しみたい場合は予約は必須ではないでしょうか

早速、ランチを注文!

予約の段階で、ランチを注文していたので飲み物とデザートを注文します。

今回のメニューは、

  1. サラダ
  2. 小鉢2つ(煮物となすの煮びたし)
  3. ハンバーグ
  4. ご飯
  5. 味噌汁
  6. 山椒のちりめん(←これ美味しい!!)
  7. 柚子のチーズケーキ
  8. コーヒー

で、税込み\1,580でした。このボリュームで、この値段は安いと思います。

また、味も良くとてもおいしかったです。メインの「ハンバーグ」も当然なのですが、手作りの「山椒のちりめん」がご飯にあってとてもおいしかったです。

メインのハンバーグとちりめんです。

ランチセットのほかにも、カレーやパスタといったカフェメニューもあります。

古民家カフェ「枇杏(びあん)」に行く注意点

先にも書きましたが、ランチを楽しみたい場合は事前に予約をすることを強くお勧めいたします

ランチの時間帯は、古民家の雰囲気を楽しみながらゆっくりと料理やデザート、コーヒーを楽しみたい、という方が多いのでなかなか席が空きません。

また、駐車場にも注意です。特に休日は、遠方からのくる人も多いようで、駐車場はすぐにいっぱいになってしまします。

とにかく道路にはみ出ないように止めるのが大変です。もし、車を止めるのに困ったら店員さんに駐車場がいっぱいであることを伝え、止めてよい場所を聞きましょう

最初に行くとどこに止めてよいか結構、迷います。店員さんに伝えれば、止められそうな場所を教えてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

古民家ならではの雰囲気を楽しみながら、おいしい料理を食べることができます。また、値段もカフェにしては高くないと思います。

仕事で疲れた休日に、古民家のようなのんびりとした空間で過ごすのもリラックスできてよいと思います。客層も確かに女性が多いように思いますが、家族連れや夫婦も多くみられました。

昔懐かしい田舎の空気を感じるにはとても良い空間でした。

最新情報をチェックしよう!