株価暴落中!さて、買い増ししよう

現在、株価が暴落中です。私は趣味で株式投資をやっていますが、ここまでの暴落は初めてです。

こんな時に私はどのような行動をとればよいのか、を記載いたします。結論からいうと次の通りです。

株式投資を始めた目的を思い出し冷静に行動する。
では、実際に私がどのような行動をとったのかを次に書いていきます。

久々の株価暴落

12月は幸いにもボーナスが出ましたので、何の銘柄を買おうかな、っとわくわくして証券会社のページを開きました。そうしたらあらビックリ。ものすごい勢いで株価が下がっていたのですね。

普段はあまり株価を見ないようにしているので久しぶりに見たらかなり驚きました。

確かにアメリカと中国の貿易戦争やアメリカの利上げなどのニュースがあったのは知っていたので多少下がっているかなと思っていたのですが私の予想以上の下げでした。

特に私の主力銘柄であるアップル(AAPL)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、アルトリアグループ(MO)についてはここ最近悪いニュースばかりで直近の株価からかなり下げていました。この3銘柄の株価下落だけでも私の給料一か月分程度が吹っ飛んだのではないでしょうかorz

株式投資の目的を思い出す

こんな時に考えるべきは、なぜ株式投資を始めたのかということでしょう。株式投資をするには当然ある程度の資金が必要ですしその目的も明確にしておく必要があります。

目的を思い出すことが良い理由として、感情の赴くままに変な行動をしなくて済むということです。目的を思い出すことによって、枝葉の話ではなく全体を見据えて冷静に考えることができると私は考えています。

これは、以前にこんなことがありました。

システム開発のプロジェクトで品質の良いシステムを作り上げよう!、という目的に向かってチーム一丸で頑張っているところでした。

基本設計を進行しているときに、作業の遅延が見られその報告が上がってきました。週末までに完了させる予定のタスクが終わりそうにないとのことです。

さて、どうしたものか。担当からは何とか終わらせるように頑張ります!、と言っていましたが。

当然、工程は守る必要があります。ただ、品質の良いシステムを作り上げないといけないのに気合で頑張っても品質が上がるかは疑問です。むしろ無理やり仕上げても品質の悪いものが出来上がるに違いありません。

もし、この目的を忘れてしまっていたらおそらく何とか頑張ってくれ!、と言っていたでしょう。ただ、やはり品質を重視するのであれば上流工程での品質低下は防がなくてはなりません。

この目的を考え私は品質確保を第一とし工程の一部遅延を選択しました。結果、システムは無事にリリースされ品質も問題ありませんでした。もし、工程の順守のみを考え強引にタスクを完了させていたら何らかのバグが埋め込まれていたかもしれません。

今回の暴落のケースではどうでしょうか。もし、この暴落はヤバい!、っと思ったら保有する株式をすべて売却してしまったかもしれません。

さて、私が株式投資を始める目的は何だったか

定年までに配当金である程度の生活ができるように減配リスクの少ない企業の株式又はETFを購入していく。目標は毎月20万円程度の配当金を受け取るのが望ましい。
まあ、「プロジェクト憲章」といった物ではなくかなりふわっとした内容です。株式投資をしているのですから当然、今回のような株価暴落のリスクもあることも事前に考えていました。
株価暴落のリスクが顕在化したときにはどうしようと決めていたか
企業の業績に問題がなければ買い増しする。
今の暴落で企業の業績に何かの影響が確認できているかを考えると私は特に確認できませんでした。当然、知らないだけかもしれませんし今後何らかの影響が出てくるかもしれません。
ただ、未来のことは当然分かりません。そのため、私は当初決めた通りの手続きに従っていくことにします。

最後に

今回、株価がかなり暴落していますが、先日、アップル(AAPL)とビザ(V)をそれぞれ15万円買い増しを行いました。まあ、買い増ししたときよりも下がっているので底はいくらなのか気になるところです。
株式投資を始めてまだ3年ほどですが、こんなに暴落しているのは初めてです。ただ、こんな時だからこそ株式投資の目的を忘れずに冷静に入れるように心がけたいですね。
最新情報をチェックしよう!