三菱UFJ銀行で子供の口座を開設!持ち物などをご紹介!メルアドの登録はビックリ

  • 2019年9月12日
  • 生活
  • view

先日、三菱UFJ銀行で先月、産まれた子供の口座を開設してきました!

前に口座開設に必要な書類を何回か取りに帰ったこともあったので、今回は万全を喫して口座開設に向かいました。

そんなに気合を入れることでもないのですが、いちいち取りに帰るのは面倒です。

えっ、今はスマホでも口座開設できるって!!う~ん、やはり昭和人間なのでしょうか。

口座の開設などは窓口に行きたい派です。

今回の記事では、三菱UFJ銀行で子供用の口座を開設するのに私が実際に使用した書類などを紹介したいと思います。

子供口座開設に必要な書類は

口座開設に必要な書類は、運転免許証などの顔写真入りのもの又は保険証や母子健康手帳、住民票の写しなどから2点です。

後、子供との関係を証明できる書類も必要です。まあ、住民票があれば大丈夫でしょう。

ちなみに今回私が持って行った口座に必要な持ち物は次のものです。

親関係の書類など

  • 運転免許証

子供関係の書類など

  • 銀行印(ハンコヤドットコムで買いました!)
  • 子供の保険証
  • 住民票(世帯全員、本籍省略、マイナンバー省略)

これを持って必要な書類を書けばOKです。最初、マイナンバー必要なのかな、っと思って通知カードを持って行ったのですが特に何も言われず提出もしなかったです。

口座の開設自体はそんなに時間もかかりませんでした。大体20分くらいだと思います。

そして、私も知らなかったのですが、三菱UFJ銀行の場合、「eco通帳」というサービスがあります。

担当の方から、「eco通帳でいいですか?」っと聞かれて「?何のこと?」っと思わず聞いちゃいました。

簡単に言うと、

通帳は発行せずに、すべての入出金の管理などはインターネット(三菱UFJダイレクト)で行う

というものです。ほぉ~、最初にこっちを案内するのですね。

まあ、もともと最終的には子供の証券口座を開設して運用をしたかったので、インターネットバンキングが使えるのであれば願ったり叶ったりですので、OKです!、っと伝えました。

eco通帳にするとディズニーの通帳はもらえないのですが、まあ、仕方ないです。

ただ、思わず「最近は通帳を発行しなくなったんですか?」っと聞いてみたら「そうですね~、これから実店舗はどんどん減っていくと思いますし、通帳の記帳というのもやりにくくなると思いますので、eco手帳を案内しています~」っと言っていました。

う~ん、客の前では笑って言っていましたが、それは最終的に自分自身のリストラなどが視野に入ってくる話なので銀行員の方も思うところはあるのかな~、っと思いました。

まあ、メガバンクと呼ばれる銀行も人員削減は進めているようですから、なかなか厳しい時代になりましたね。

そんな会話をしながら、手続きは進んでいきます。今回はeco通帳を選択したので、その場で三菱UFJダイレクトの手続きも併せて行いました。

そこでは、メールアドレス、ログイン用のパスワードを入力します。

ちょっと、メルアドの入力は想定外でしたので驚きました。特に子供用のメルアドでなくても良いので、その場は私のメルアドを入力しました。

後で登録されたメルアドも変更できるとのことでしたので、子供のメルアド作ったら変更しようかと思います。

三菱UFJダイレクトの設定が終われば、その場での手続きはすべて終了になりました。

窓口の手続き後は

窓口での手続きが終われば、あとは簡易書留でキャッシュカードが送られてきます。これはディズニーです。

また、三菱UFJダイレクトを使うためにワンタイムパスワードを発行する必要があります

※入出金の明細を見るだけであれば不要です。振込などのお金の出し入れをするような操作をする場合に必要になります。

これが少し厄介です。専用のワンタイムパスワード発行するカードを別途もらう必要があります。

本当はスマホのアプリで良いのですが、スマホ1台に1口座にしか対応していないのです。そのため、私のスマホは私の口座が設定されていますのでワンタイムパスワード発行カードをもらう必要があります。

う~ん、これはアプリの機能をぜひ向上してほしいですね。エンジニアさんよろしくお願いします。

最後に

いかがでしたでしょうか。

子供の口座開設であってもそんなに難しくありません。これから、証券会社の口座も作って頑張って運用していくぞ!

最新情報をチェックしよう!