10の知識エリア プロジェクトマネジメントにおいて検討する知識

システム開発においては、しっかりとプロジェクトマネージャーが管理をしないとプロジェクトが成功しません。

もし、何もしないと気が付いたら、お金がない!、とか期限までに間に合わない!、なんてことになってしまいます。

そのため、プロジェクトマネジメントにおいて、注意すべきポイントが、PMBOKでは、10の知識エリアとして定義されています。

代表例としては、QCD(品質・コスト・納期)でしょうか。以前の記事でもお話ししましたが、プロジェクトマネージャーはQCDにおける責任があります。

そのため、これらについては必ず注意をしなくてはなりません。

今回の記事では、10の知識エリアにはどのようなものがあるのか紹介したいと思います。

10の知識エリア

PMBOKガイドでは、10の知識エリアを以下のようにまとめています。

NO 知識エリア 内容
統合・マネジメント プロジェクトマネジメント・プロセス群内の各種プロセスと、プロジェクトマネジメント活動の特定、定義、結合、統一、調整などを行うために必要なプロセス、および活動
スコープ・マネジメント プロジェクトを成功の裡に完了するために必要なすべての作業を含み、かつ必要な作業のみを含みことを確実にするために必要なプロセス
スケジュール・マネジメント プロジェクトを所定の時期に完了させるためのプロセス
コスト・マネジメント プロジェクトを承認済みの予算内で完了するための、計画、見積り、予算化、資金調達、財源確保、マネジメント、およびコントロールのプロセス
品質・マネジメント ステークホルダーの目的に合致するために、プロジェクトとプロダクトの品質要求事項の計画、マネジメント、およびコントロールに関する組織の品質方針を組み込むプロセス
資源・マネジメント プロジェクトを成功裏に完了させるために必要な資源を特定し、獲得し、マネジメントする活動
コミュニケーション・マネジメント プロジェクトとステークホルダーの情報ニーズが、資料の作成と効果的な情報交換を達成するために意図された活動を通じて、満たされていることを確実にするために必要なプロセス
リスク・マネジメント プロジェクトに関するリスク・マネジメントの計画、特定、分析、対応の計画、対応策の実行、およびリスクの監視を遂行するプロセス
調達・マネジメント プロダクト、サービス、あるいは所産をプロジェクト・チームの外部から購入または取得するプロセス
10 ステークホルダー・マネジメント プロジェクトの作業に影響を与える可能性のある人、グループ、または組織を特定する、あるいはプロジェクトから影響を受ける可能性のある人や影響を受けるかもしれないと思っている人を特定するために必要なプロセス

※各知識エリアの概要は後日、記載します。

プロジェクトマネージャーにとって必要なQCDのことも、知識エリアとしてしっかりと定義されています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私の経験上、一番重要なのは「ステークホルダー・マネジメント」でしょうか。

私の会社は、関係する人も多くまたあまりシステムに理解が少ない(システムオーナーとしての意識が低い)人も多くいます。

システム化の企画や要件などの上流を実施していると、口は出すけど責任は取りたくない、とにかく文句を言う(けど決めてくれない)、自分はその要件でいいけど〇〇部や〇〇部にも確認をしておいて、っというようなことが日常茶飯事でした。

そのため、ちゃんと最初にステークホルダーを特定して役割分担まで決めることがとても重要でした。役割を決めて逃げられないようにしておかないと、ステルス戦闘機も驚くくらい気配が消えてしまいます。

昔、ビックリしたのが要件を一緒に検討していた部署が丸ごと消えてしまったことでしょうか。あれは、衝撃でした。

受け入れテスト直前だったので、「受入テストどうすんの!!」って慌てて調整をしました。

重要な知識については、自身が所属している会社やプロジェクトの特徴などによって変わってきますので、それにあったプロセスを適用することが大切です。

以下、参考記事です。

プロジェクトマネジャーとは、を紹介している記事です。

関連記事

プロジェクトマネージャーの仕事は、簡単に言うとQCD(品質・コスト・納期)を管理しプロジェクトを成功させることです。 ただ、あまり知らない人もいます。先日の今の上司とは会話です。 上司 システムの見積もり取ったんだけど[…]

最新情報をチェックしよう!