【初心者向け】要件定義の基本 5W1Hを意識しよう!【How(どのように)編】

  • 2019年6月12日
  • 仕事
  • 33view

今回は、要件定義の基本5W1HのうちHow(どのように)編です。

How・・・どのように

How(どのように)は、どのように課題を解決していくかを明確にすることです。解決しようとする課題によって、考えることは大きく異なりますね。

業務の改善であれば、まずはマニュアルの改正だけで済ませシステムの開発はしなのか、システムの開発をする場合、まずはスモールスタートで一部のユーザのみに開放して効果を検証し不満点を解消してからすべてのユーザに公開するのか、最初からすべてのユーザに公開するのかなども考えられます。

他にも、システム開発ですがエクセルでVBAを組んでユーザに配るのか、利用ユーザが多いのでセンターシステムを開発するのか、なども考える必要がありますね。

この場合、特に何に縛られているかによって、どのように課題を解決していくかを考える必要があります。

例えば、コンビニ等で料金を計算するシステムの改修をする場合、消費税増税のため「delivery(納期)」が決まっているので、一部の店舗で試行をやっていたり業務のマニュアル改正をしたりでは課題を解決できないですよね。

あくまで、2019年10月1日から消費税を10%で計算できるようにすること、と軽減税率に対応することが簡単にいうとシステム改修の目的になりますから。

そのため、How(どのように)を考えていく場合には、ユーザ部門とシステム開発部門でよく実施方針を検討していく必要があります。

最後に

How(どのように)は、実施しようとしている課題によって考えることは様々あります。

課題の解決方針については、要求を出す部署だけではなくシステムを開発する部門など調整しどのような解決策を見出すかがカギになります。

ある意味で一番楽しい時かもしれませんね。どのようにすれば課題を解決できるのか、を必死に考えて解決策を見いだせたときは本当にうれしいものです。

最新情報をチェックしよう!