転職活動のやり方や流れをご紹介します 30代サラリーマンの転職活動日記

今回の記事では私が転職をしたときの流れをご紹介します。

ちょうど1年ちょっと前の記事に書きましたが、希望のキャリアアップが見込めないとなると転職によって新たな道を模索することになりますね。

なお、私としてはもし希望の企業から内定が出なければ転職しなくても良い、っという考えで転職活動を行いました。

私の転職の流れ

転職を考え・決意して活動、無事に希望の会社への転職を決めたときまでの流れは次の通りです。

  1. 転職をすべきか考え・実現したいことを検討する(転職理由の概要を考える)
  2. 転職理由をもとに家族(特に妻)にプレゼンする
  3. 転職エージェントに登録する
  4. 転職エージェントと面談・自分の転職の方向性を決定する
  5. 職務経歴書を転職エージェントのアドバイスをもとに書き上げる
  6. 転職エージェントから紹介された求人などから応募する
  7. 書類選考を通過した企業の面接を受ける(必要に応じて面接練習をする)
  8. 面接を通過し内定をもらう
  9. 内定を受諾するかよく考え受諾する(もちろん断ることも可)
  10. 現職の退職交渉・手続きを実施する
  11. 現職を退職し内定を受諾した企業に就職する

普通、転職活動と言えばまずは転職エージェントに登録!っと思うかもしれませんが、②で赤字に記載しましたが家族がいる場合はまず転職活動を行うことを家族に相談、転職の決意が固い場合は報告したほうが良いと思います。

何故、家族に話すの??

それの一番の目的は、もちろん希望の企業から内定をもらった後に家族(特に妻)から反対される、ことを防ぐためです。転職の場合、内定をもらってから先方の企業に回答するまであまり待ってくれません。

内定をもらってから2~3日程度でしょうか。交渉次第では1週間程度、待ってくれる企業もあります。

万が一、希望の企業から内定をもらって家族に報告したところ大反対にあった、っとなっては最悪です。しかも、家族を説得するにも2~3日程度の期間しかありませんので、家族の反対にあって内定を断る、という事態にもなってしまいます。

これは、それなりに発生確率が高く発生した場合のリカバリは転職活動の後になればなるほど難しいです。そのため、このようなリスクが発生しないためにも事前に家族に相談や報告をしたほうが良いと思います。

家族を納得させるにも①の転職の目的や叶えたいことを明確にして家族に粘り強く話せばわかってくれるのではないでしょうか。

家族に話す前に転職エージェントに登録しても良いのでは??

なお、先に転職エージェントに登録する、というのも手ではあると思います。過去のケースからどのように家族を説得すればよいかアドバイスももらえると思います。

ただ、転職エージェントに登録すると一気に活動が本格化します。希望に沿った(っとエージェントが考えている)求人を紹介してくれます。

その中から自分の希望に合った企業はどこなのか、どのような企業なのか(企業研究)、職務経歴書を書き上げなければ、といった作業が発生します。

これは、通常、現職で働いている場合はかなりの労力になります。仕事が終わって家に帰ったら転職活動の準備、っと休む暇もないとまでは言いませんが、かなり大変です。

ですので、事前に家族に話をして了承を取っておくと少しは心に余裕ができるのでは、っと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。最初に書きましたがもし希望の企業から内定が出なければ転職しなくても良い、っという考えで転職活動を行いました。

そのため、まずは転職エージェントに登録せずに自分なりの考えをまとめ、家族に相談しました。転職をした友人もいたこともあり、そんなにもめることなく転職活動を開始できました。

私としては、自分のキャリアアップを目的としていましたが、家族に迷惑をかけることはしたくありませんでしたし。

まずは転職エージェントに登録!、っと勢いで行くのではなくまずは家族と相談や報告をしてから転職活動を進めることをお勧めいたします。

参考記事

私自身が転職を考えるようになった異動をした際の記事です。転職理由は様々ですね。

関連記事

部署異動・・・いやだな このブログのタイトルにもあるように私は今までシステム開発の仕事を行ってきました。ただ、先日、システムの開発とは全く関係ない部署への異動を命じられました。 正直なところショックでした。多少なりとも自分自身、ほか[…]

最新情報をチェックしよう!